新型コロナウイルスに対して出来る事って? 3

GW最終日を迎えましたが、どこからどこまでがGWなのか分からないようなGWでしたね。いや、まだ終わってませんが。

前回のブログを書いてからずっとそれとなくPCR検査体制がどのようになっていくのか見守ってました。少し前に歯科医師にPCR検査が出来るようにする動きが報道されましたけれど、その後とんと耳にしません。どうも機能してないようです。何故、臨床検査技師に対してもっと支援をしないのでしょう?実は、前回のブログで書き忘れてしまったのですが、臨床検査技師の資格を持つ方が日本に6万人余り(ネット調べ)いらして、そのうちの一割に満たない方しかPCR検査が出来ないとテレビで関係者が仰ってたのです。残りの9割の方々は、一週間程度の講習を受ければ出来るようになる可能性があるとも。因みに、一般人に対しては年単位での教育が必要になるそうです。一般人の定義が、どのようなものか分かりませんけれど臨床検査技師のような検査業務の基礎教育を受けてない人を指しているのではないかと思います。検査業務は、特殊な技能や知識が求められると思いますので、専門の方をしっかりと拡充しなければ医療崩壊を助長することになりかねません。

今朝の朝刊には、やっと医療界からも激しい言葉で糾弾されているのを発見しておこがましいですが私と同じ考えと言うか、私の抱いていた危惧の念は的外れではなかったのだと分かりました。当たって、万歳の気分では全然ありませんしこんな事で大丈夫か!という心配の念が益々湧き上がってきて思わず、このブログを書いている次第です。糾弾された方は、医療従事者として臨床の現場にいらして全てを体験された上のご意見なので意味合いが違いますし現在の状況を日本の恥とまで書かれていて医療現場で想像を絶する事態となっているようです。

現在、医療従事者や多くの方々が感染リスクを冒しながら懸命に働いていらっしゃいますが、その方達にエールを送るのは勿論、不当な扱いをしない事も大事ですけれどそれ以上に労働環境を整える事をしていかなければ伸び切ったゴムのように疲弊していきます。本質を見ないと大きな間違いを犯してしまいます。PCR検査体制に関しても地方から異議が出てきているようで、これらの働きかけが本来あるべき姿へと導いていく事になると信じたいですね。間違ったやり方は、とても大きな代償を払う事になりますから少なくとも間違いを認めて謝罪と対策を立てて実行する事が重要なのです。得てして、謝罪だけで済ましてしまう事が多いですが、これはとても勿体ない事。特に、多くの人命が掛かっているのですから。

常に本質を見る事を忘れずに本来ある姿に少しでも近づくようになっていきましょう。私は、この休暇中ずっと自分の本来あるべき姿に戻ろうと努力している最中です。多分、新型コロナウイルスは全ての人に内省する機会を与えてくれているのだと思います。内省したら次に向かって歩みだしていけば良いですしね。内省して本来あるべき姿に戻らせようとしているのならば、新型コロナウイルスの存在意義が著しく低下するのではないかと睨んでいるのですが・・・こればかりは、これからどうなっていくかで判断するしかありませんね。でも、もし関係無かったとしても必ず自分に何か大事なものが残るはずです。一人一人は地球の細胞の一つみたいなものでしょうが、集まれば全てを変える力を持つと思います。久しぶりに熱くなってしまいました。まだ、熱くなる力があったのを発見!!した気分です。(^_-)-☆

では、皆様これからどうやって生きていくかで将来が変わってくると思われるので悔いのないようにやっていきましょう。もう後には戻れそうもありませんから、それならば新しい考え今までにない新しい考え方でやっていけば良いのだと思います。どちらに進んでも道は必ずあります。(と、信じて)心天

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント