言霊、事始め(心天流)1

私は、言霊遣いとして活動してきておりますが、よく考えたら自分なりの解釈でここまで来てしまったのに気が付きました。今回、ここ迄の道のり?をもう一度見直してみようと思って書くことにしました。私が辿っている道のりですから、心天流と勝手に付けこれからどんどん進化していくかもしれないまだまだ発展途上だと思って読んで頂けたら幸いです。

随分前から精神世界に関心があるので、広く浅く書籍等から情報を得ています。その中でも幾つかのトピックを掘り下げていってますが、その中の一つが「言霊」でした。当初書籍を斜め読みしてみたもののハッキリ言って、書いてある内容は色んな知識や経験に裏打ちされたものが無ければ理解出来ないと感じて正直お手上げ状態で随分長い間放置状態に😵最後に読んだ本の中に、(その本は友達に貸して返ってこないので、うろ覚えですが)言霊に関して書かれた書籍は多いけれど言霊を現実に活かせる事が出来ている内容の本は残念ながらないという件があったのです。何故か、そのフレーズがずっと頭から離れず。ある時にピカッ✨と閃いたのです。これは、きっと既に出ている書籍の内容が余りにレベルが高すぎて大学院レベルの内容を中高生が理解しようとしている状態かもしれないと。そうなれば、幼稚園レベル(私の事です)から積み上げていけば良いのではないかと、、、大分、厚かましい考えかもしれませんが。こういったアプローチは、今までにもやってきており正直、好きなのです。要は、使えてこその心理学、精神世界、雑学や学問全て実際に活かせてこそだと何故か信念に近いものがあるのです。(結構変な奴かも)

言霊と言う言葉から少し近寄りがたいものを感じていましたが、もっと身近に考えてみたらどうだろうと考えてみました。確か聖書にも「はじめに言葉ありき」と書かれていると読んだ覚えがあります。それくらい言葉が持つパワーは大きいわけで、言霊が持つ幅広い何かを掴むことが出来たら、きっと言霊を現実に応用することに繋がると考え試行錯誤していってみようと。泥臭いけれど考えてやってみてその結果から修正を加えて洗練させていけたら良いな~といった感じでしょうか。と言いながらも、長年やってきているとそれなりの成果?が出てきているので全くの的外れではないと思っています。(ですが、まだまだ道半ばです)

固い事を書いてしまいましたが、普通に考えて人が聞いて気分を悪くするような悪い言葉を使わないとか人を傷つけるような事を言わないとか言われてきている事も、何故そのような事を言われてきているのかを知れば自ずと言霊の持つパワーが分かるのではないかと思っています。

言葉は口にするもの、何かに書くことで表すことの二つに大きく分けられます。言葉を口にする場合、録音等してない限り時間が経つと消えていきますけれど人の記憶の中に長く留まることがあります。心を傷つける目に見えない刃として残る場合と、思い出す事で勇気を貰える永久に使えるパワーグッヅとなる事もあるのです。それは大きな恵みを受け取ったり、誰かにプレゼントする事もあれば取り扱いを誤れば自分や人を傷つけ続ける事になったりもするのです。人の性格を変えてしまったり、時に心身に大きなダメージを与えてしまったり人生を左右する事になります。しかし、普通大きな事がそのような事が元で引き起こされていると考える事はありません。しかし突き詰めればそれ位、言葉は大事なものです。まず、普段の言葉使いを見直してみる事からアプローチする事が大事だと思い至りました。

言葉を口にすると何が起きるか?言葉を発するという行為は、バイブレーションを生じさせます。語気が荒い時は、何か怒っているのか喧嘩しているのか等気が付きますよね。そこには心配や不安、恐怖等心身を蝕むものが含まれます。しかし自分の大好きなものに語り掛ける時、そこには愛に満ちたバイブレーションが発生していて心がほかほかしてきます。目に見えなくても何か大切なものが付いてくるのです。出来る事なら、常に心がほかほかするような言葉を口にしていきたいものですね。勿論、普通に暮らしていれば心ならずも嫌な事も口にしなくてはなりませんが、意識的に扱わないようにするだけで随分と変わってきます。言葉にしなくても心で嫌な事を思う事は、言葉にする事と同じくらいの意味を持ちます。ですが言葉と違って思い続けるのが難しいので、もし心に嫌な事を思ったとしても後から「キャンセル、キャンセル」と打ち消していけば良いと思います。(これは、随分前に本で読んだものです)
 
気になっている事を書きますと、ネガティブな事を口癖にするのは一番お勧めできません。知らず知らずに「もう歳だから」とか「私はどうせ〇〇だから」とか言ってませんか?伏字にしたのは、例として書くのも避けたかったからです。もしかしたら事実かもしれませんが、その言葉の裏には自分の可能性を否定するような意味が隠れていて口にする事で周りの人に届きますし、何より一番近くにある自分の耳に入ってきてしっかりと記憶に刻印されていくのです。どうせ刻印していくのならもっと前向きな事の方が良いと思うのですが、如何でしょうか?

今回は、言霊、事始めの一回目として思いつくままに書いてみました。何か共感出来る所があれば参考にしていただけたら嬉しく思っていますし言葉に付いて、ご自分なりに見直すきっかけになれば言霊の持つパワーを感じられることでしょう。では、また続きを書こうとおもっていますので宜しくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント