私と英語

久しぶりの更新です。今回のタイトルは、いつになくプライベートな感じですね。私の苦手としているものの中に英語があるのですが、何故か学校を卒業して敢えて勉強する必要がなくなったのに細々続けています。2年ほどアメリカに住んでいた事があり、英語を母国語としてない外国人達と友達になりました。共通言語として英語を使わないとコミュニケーションが取れないので何とか最低限のやり取りは出来るようになりましたけれど、この程度ではしっかりとマスターしようというモチベーションを維持出来ずにここまで来てしまいました。何だか懺悔をしているようですね。学生の時から苦手でしたから、トラウマのようなものかもしれません。関心のあるジャンルが、海外発信されているものも多く特別な単語とか知っていたりするもんで、英語を解する人だと誤解されることもありますがハッキリ言って実力が伴ってません。

と、ずらずらと否定的な事を書き連ねてしまいましたが英語は単なるコミュニケーションツールの一つで、発音がまずくても恰好悪くても伝えたい事を伝える事が出来れば良いのだと最近思える事が出来たのです。私は、言霊遣いとして活動をしていて、言霊の処方箋を作って縁のある方に渡したりホームページで公開しています。勿論、日本語で書いたものです。それを急に思い立ち、自分で辞書を使って英訳を試みアメリカ人の英語の先生に添削をして貰いました。その英訳版をアメリカ人の方に送ったところ、感想が送られてきたのです。今まで何人もの方に渡してきていますけれど、今まではっきりした感想を伝えて下さった方はいませんでした。果たして、どのように皆さんに受け取られているのか気になっていましたが、知る術がなかったのです。それが、彼女の感想は私が思い描いいていた通りだったので、とても大きな喜びとなったのです。これは、結構意外な出来事で自分でも驚いています。ハッキリ言って文化圏が違うので、メンタリティーが全く違うのが大きな要因ではないかと推察していますが、そんな事は置くとして。日本語を解する人達だけでなく、英語で書かれた言霊の処方箋を公開してみるのも面白いかもしれないとピカッと閃いたのです。これは、もしかしたら英語をマスターしようという強いモチベーションに繋がるかもしれないと半分期待を込めての事ですが。

まだ、少ししか翻訳が出来てませんが公開していこうと考えています。このブログに、アップするのも良いかもしれませんね。

少し前に、バスツアーに参加しまして藤の花はまだ咲いてなかったのですが、綺麗に咲いた芝桜を桜越しに見る事が出来ましたので張り付けておきます。こんなに色鮮やかな写真を張り付けるのは初めてかもしれません。これからは、カラフルな写真も張ってみようかな、と思った心天でした。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック