想いの世界へようこそ!

二日続けてのブログアップです。私にしては、超珍しい事で。朝起きぬけに、「想いの世界へようこそ!」とメッセージが入ってきました。昨夜アップしたブログがどこぞに届いたようです。想いの世界とは、高次元だと言われている世界を指しているとしか思えませんしね。これは、違う次元がパラレルで存在していて気持ちをそこに向ける(適切にね)事が出来れば直ぐに繋がると言う事ですね。多分、次元上昇したければ意思をしめし且つそれに向けた思いに沿って動けば大丈夫だと言う事。と書いたものの、後から考えたのは私は如何にこの世的な考えに縛られて想いの世界から遠ざかっていたかを指摘されたんだと。こうあらねばならないだとか、人の顔色を窺って生きてきたことに気が付かされますね。そして思ったのは、想いの世界とはどのようなものなんだろうか?と。高次元では、想いがそのままになると本などには書いていますのでもしそうなっていくのなら夢のように感じます。しかしここで言う想いとは、例えば何かが欲しいと願ったとしてそれを得たいと願う動機だとか得たらどうしようとかの思いも全て反映されるわけで、特に自分だけの為の利益のみを優先したものだったとしたらどうなるのかな?という事です。想いの世界に迎えられたとしても、自分の本心がそのまま反映されるとすればなかなか厳しい世界かもしれませんね。常にどこから見られても困らない生き方をしていれば何てことないのでしょうが。自分が、想いの世界に迎えられたとして(次元上昇する)想いがそのままなっていくだけでなく、他の人達にも同じように想いの世界に繋いでいくにはどうしたら良いのか・・・そこら辺に心身の癒しへのヒントがある気がします。私は、これからどうしたら次元を超えて心身の癒しへ繋いで行く事が出来るかを探求していきたいなと思っています。

私が繋がっている世界からは、簡単にどうなるか、どうしたら良いのかを教えて貰えませんが最善を尽くした時に最大の加勢をして貰えているのは確かだと思っています。多分、先行きや結果がハッキリ分からない状態で最善を尽くすことが魂や霊性を磨くことに繋がっていくのでしょう。私を含め人は、これからどうなるのかを知りたがりますが、どうなるかを知ってしまったら最善を尽くす事が難しくなるのではないかと思うのです。これまでを振り返ってみて朧げにどうなるのかを知っていたような気はしますが、決定打のようにハッキリしたものではなく、それで良かったのだと思っています。例えば、何歳で亡くなるか前もって分かっていた場合、自分の事ならばどうすれば良いのかを考えることが出来るかもしれませんが自分の大切な人だったとしたら私は冷静に対処する自信はありません。それさえも、もし亡くなった後の事を自分なりに把握する事が出来ていればまた違った話になるでしょうしね。想いの世界は、とても広く変幻自在な世界なのではないかとワクワクしています。まだまだ知らないことばかりで、きっとこれからこの世的発想に囚われないスタンスで前進していけば想いがそのまま反映していく事に繋がるのかなと期待しているところです。まるで夢物語のような事を今回書いてしまいましたが、言霊遣いとしては言葉にすればそれが現実に繋がっていくと信じて模索していく事にします。

最近伝えられた事ですが、心身の癒しを目指すとき目に見える変化に目がいかないようにする事で真の癒しへと繋がっていくのだと。ヒーリング等で、直ぐ効果が出るように目に見える変化を求める事が多いですが、根本からの癒しを求めるならばそれを阻害する事になりかえって良くない事になっていく可能性が出てくるのだと思います。出来る努力をしたり最善を尽くして気が付いたら、知らない間に改善していたとかそう言う感じで癒しのプロセスが進んでいくのが良いのかな~と考えています。

まだまだ寒さが厳しいですが、日差しの中に微かな春の訪れを感じられてきました。もうすぐそこまで春が近づいてきているようです。



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック